香料の特徴、香水の分類などを学び、香りの基礎知識を習得します。

 

調香師を目指す方、調香教室やアロマテラピーで香りの勉強をされている方、香りに携わる職業に就かれている方に向けた、香りの基礎をじっくりと学ぶプログラムです。ベーシックコース、マスターコースの順に学習していただきます。

アトリエ・アローム&パルファン・パリのディプロム取得には、本講座の履修が必要です。



 

レッスン詳細

70種類以上の香料、20種類以上の香水を分析する、大変充実した内容の香りの入門レッスンです。途中、昼食休憩をはさんで、1日がかりで学習します。
香りを学び始める方、学んでいる最中の方、いずれの状況においても、本格的な香りの学習を目指す方には、本レッスンを受講されることをお勧めします。


Leçon 1 香りの種類と性質
香水を構成する代表的な香料、香水を構成するノート全22種類(シングルノート18種類、複合ノート4種類)を習得し、香りの表現方法を身に着けます。香りを知り、香りを記憶することは、香りの学習の基本です。このレッスンでは、22種類のノートを代表する香料をムエットにとって分析するのみでなく、これらの香料が実際に使用されている香水を鑑賞しながら、香料が処方に加わったときの効果を分析します。このレッスンを通して、処方づくりのアイデアや、香りの分析力を養いましょう。最後にオリジナル処方を作り、調香を体験していただきます。

Leçon 2 香水を分析する
シャネル No.5 などの有名香水約20種類を鑑賞しながら、香水のタイプ、使用されているノートを分析します。Leçon 1 で学んだ各ノートの香料が、1つの香水においてどのように作用しているのかを観察し、香水の構造を分析します。香水ごとに、タイプやノートをしっかりと把握し、名作と呼ばれる数々の香りの構造を知ることは、素晴らしい香りの作品の神髄に触れられる喜びと共に、効果的な処方づくりに役立つ様々な知恵を与えてくれる大変有意義な作業です。音楽でいえば、オーケストラの交響曲が3つの楽章から成り立っているように、美しい香りを完成させるためにも一定のルールがありますが、原材料となる香料が、作者の思い思いのイメージで無限の可能性を持って構成されているところにこそ、香りが芸術性があるのです。香りの美しさを理解し味わうために、欠かせない学習内容です。

Leçon 3 香料香水産業の仕組みと規定
香りのプロフェッショナルとして必要な知識を身に着けていただくため、香料香水産業の仕組みや、香料に関する規定を解説いたします。世の中に送り出されるフレグランス製品やフレーバーを用いた食品類が誕生するまでの工程を知ることで、プロフェッショナルの視線で捉え、香りの世界を多角的に理解していただきます。香水に限らず、精油やルームフレグランス等の様々な香りの品々について、本物を見極めるために必要な知識を養います。


 


開催スケジュール

  
2019年10月26日(土)10:00-17:00
東京都中央区銀座2丁目7番18号 銀座貿易ビル(メルサ銀座)6階 (最寄り駅: 有楽町線 銀座1丁目駅、銀座線・日比谷線・丸の内線 銀座駅)


 

レッスン料金


194,000円(税抜)
※ベーシックコースを履修された方を対象としています。
※レッスン料金には、教材費とレッスン受講料、昼食が含まれています。
※当日使用する教材はお持ち帰りいただけます。(香料96種類、香水サンプル12ヶ、制作用香水瓶8ケ)



 

その他のご案内事項


※お申込み手続きが完了すると、事務局より、受講に関する詳しいご案内をお届けいたします。

イニシアシオン・マスターコース

0point

+ −

SOLD OUT

商品レビュー

入力された顧客評価がありません
  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く