• instagram
  • facebook
  • finesfleurs
アトリエ・アローム&パルファン・パリ



 



アトリエとは?
アトリエとは、フランス語で、作業をする場所のことを指します。
画家が絵を描く場所をアトリエといい、シャネルやディオールなどのクリエイターたちが創作活動をする場所もアトリエと呼ばれます。

アトリエ・アローム&パルファン・パリが指す「アトリエ」とは、香りの魅力を満喫し、講師から指導を受けながら香りづくりを楽しむ、クリエイティブな空間のことをいいます。

アトリエは、本部講師が指導を行うパリと東京の2か所、これに加えて、技術と知識に磨きをかけ続ける認定講師が開催する全国各地のアトリエがあります。

アトリエ・東京への参加をご希望される方は、学びたいレッスン内容を選択し、アトリエ・アローム&パルファン・パリの教材をご用意のうえお越しください。

アトリエ・東京へのお申込み >
レッスンのご紹介 >



アトリエ空間へのこだわり

香りは体験を通して学ぶことが重要です。
本物の香りを知り、香水文化が花開いたフランスと、独特な香りの精神世界を持つ日本の2つの文化を比較すること、そして、お仲間と共に楽しく、刺激を与えあう場所は不可欠と私たちは考えています。
アトリエ・アローム&パルファン・パリでは、そんな空間に身を置き、時を共有することこそ、他にない素晴らしい香りの学びを得ることができると信じ、アトリエ空間の充実を常に心がけています。


パリのアトリエ
歴史の香るパリのマレ地区、美しい憩いの広場として知られるヴォージュ広場。

このすぐ近くに世界中から運ばれた膨大な数の香料を取り揃えた香りのアトリエがあります。
その数は、天然香料にして100種類以上、そのほかの香料を含めると1000種類以上にも上ります。

みなさまのお手元にお届けしている教材香料は、ここから日本事務局に直送されたものです。

パリのアトリエでは、教材ハーモニウムを用いての香りの文化講座「エスプリ・ド・パリ」(五感を磨いて人生を味わい尽くす、香りの教養を身に着けるレッスン)が、年に一度、開かれています。

香りの都であるパリの空気を感じながら、アトリエ・アローム&パルファン・パリの原点であるこのアトリエで、魅惑的な香りの世界をお楽しみください。

創立者・新間美也の恩師は、巨匠ジャン・カール氏の愛弟子であったモニック・シュランジェ氏でした。

彼女は、アニック・グタール、ミラー・ハリスなどの香水ブランドを輩出したことで知られ、シャネル社やゲラン社や香料会社の社員が学ぶ教育プログラムを築いた、フランスを代表する調香師でした。

香水の街、グラースでも有名な香料会社の経営者のもとに生まれたシュランジェ氏は、パリで新間に調香技術を指導するのみでなく、本物のエレガンスを伝える、フランスにおける新間の母親のような存在でした。

残念なことに、シュランジェ氏はこの世を去りましたが、新間は彼女から伝えられた香りの魅力と、その魅力を伝える彼女の情熱を受け継ぐべく、アトリエ・アローム&パルファン・パリの活動を続けています。

アトリエ・アローム&パルファン・パリは、香りの魅力を伝え、美しく生きるための香りの教養を提唱する、香りのアトリエです。